May 30, 2020

 生徒の皆様へ

これまで感染防止のためにお教室を休講とさせていただいておりましたが

6月より少しずつ再開させていただこうと思っております。

只、今期に関しましてはこのような環境下ですので皆様のお手元にあります

「2020年度お教室概要」は全て見直しをせざるを得ないと判断いたしました。

8月以降はその時々の状況を見極めたうえでご案内させていただきます。

新たな募集要項で6・7月の2ケ月のご案内をさせていただきます。

詳しいご案内は郵送にてお送りさせていただきますのでご確認のうえご検討いただけましたら幸いです。

 皆様にお目にかかれることを愉しみにしております。

                  和菓子教室いろは  宇佐美桂子・高根幸子

May 27, 2020

 季節の菓子をおひとつ。練切製「紫陽花」

二十四節気では「小満」の頃。庭や路地に紫陽花が咲き始め、雨の季節そして夏へと一歩ずつ近づいていきます。

May 15, 2020

 季節の菓子をおひとつ。練切製「菖蒲華」

菖蒲華と書いて「あやめさく」と読みます。

初夏の風に吹かれ凛とした姿で花開く姿をうつしています。もうすぐ雨の季節ですね。

May 12, 2020

 「5月のお稽古休講に関しまして」

 いつも和菓子教室いろはにご参加いただきありがとうございます。

緊急事態宣言の延長に伴いまして5月のお教室も引き続き休講とさせていただくことと致しました。皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 皆様とお会いできない間にも季節は移ろいでいきます。ブログでは少しでも季節を感じていただけますように季節の菓子「一菓」を掲載しています。今は皆様と一緒に楽しく和菓子を作ることは叶いませんが楽しんでいただけましたら幸いです。

 皆様が安心し心地よく過ごしていただけますよう教室再開に向けて様々な準備をさせていただこうと考えています。再開時期は状況に合わせて検討し改めましてご連絡をさせていただきます。また笑顔でお会いできますのを楽しみにしております。

慣れない自粛生活となりますがどうぞご自愛くださいませ。

April 29, 2020

 季節の菓子をおひとつ練切製「卯の花」

旧暦四月(卯月)の頃に咲く卯の花は「夏は来ぬ」の唱歌にも歌われています。

白く清々しい花を咲かせ夏の訪れを感じさせます。

April 24, 2020

 季節の菓子をおひとつ「甘夏羹」

甘夏の皮を器にし見た目も楽しい涼菓です。絞りたて果汁の滋味と皮のかすかな苦みが魅力の菓子。甘夏の時季は短くひと時の贅沢を楽しみます。

April 17, 2020

 季節の菓子をおひとつ 葛焼「春和」

吉野本葛と餡と砂糖を合わせ練り、蒸しあげた生地を冷ましてから、四角く切り分け粉をまぶして銅板で焼いて仕上げます。

素朴な菓子ですが味わい深く抹茶と良く合うことから茶席菓子としても大変喜ばれます。

April 14, 2020

 生徒の皆様へは4月の休講のお知らせを郵送にて送らせていただいておりますが、地域によっては、発送後1週間経った現在も届いていない方もいらっしゃるようです。

このような状況ですので遅延も考えられますが、土・日明けの今日明日中には届くのではと思います。

 休講のお知らせと、お教室のあれこれを記した読み物も一緒にお送りさせていただいていますので、楽しみにお待ちいただければと思います。お教室のあれこれ・・ゆっくり読んでみてくださいね。

April 10, 2020

季節の菓子をおひとつ 葛製「惜春」

風に散る桜を惜しみながら‥ほのかに桜花の塩気を感じる葛菓子です

April 8, 2020

 季節の菓子をおひとつ 練切製「ゆく春」

京都で作陶されている村田匠也さんの器に春の名残の菓子をのせて。

今年の桜は春の雪が降るなか満開を迎え美しい姿を見せてくれました。花びらが風に舞い葉桜の季節へと移ろいでいきます。

Please reload

アーカイブ
Please reload

(C)2017 wanokashi-iroha all right reserved.

いろは

和の菓子