水無月

素朴な菓子「水無月」は6月の晦日「夏越の祓」に因んだ菓子です。 神社などで行われていた半年分の穢れを祓い清める神事で、現在も各地の神社で行われています。また、これから来るべく暑い夏を病にかからないようにとの願いも込められています。  この日にいただく菓子が「水無月」。三角形の形は氷を表し小豆は厄除けの意味があるとも言われています。 暑さがいよいよ厳しくなる頃、目にも涼しげな歳時菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square